白板症(白斑症)〔はくばんしょう(はくはんしょう)〕

 粘膜にわずかに隆起する白い病変があり、摩擦しても除去できないものをいいます。扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんへの前がん病変とされ、日本でのがん化率は10%前後です。

 中高年の男性に多く、できやすいのはほおの粘膜、舌、口底です。さまざまな病態をとりますが、一様に平らな表面をしているもの、ひび割れやしわのような表面をしているもの、凹凸があるものなどがあります。一部に赤くなっているものやびらんがあるものは、がん化している可能性があります。一般に痛みはありませんが、食事のときにしみたり、痛みがある場合もがん化している可能性があります。組織検査による確定診断が必要です。
 治療はレーザーによる蒸散(上皮を焼く)や切除がおこなわれますが、切除しないときには定期的な経過観察をおこないます。
医師を探す