胆嚢がん、胆管がん、十二指腸乳頭部がん〔たんのうがん、たんかんがん、じゅうにしちょうにゅうとうぶがん〕

 胆嚢がんは大きな石のある胆嚢にできやすいとされ、50歳以上の女性に多くみられるようです。

[症状]
 右上腹部の痛みと、時に黄疸(おうだん)がみられます。黄疸は強く、食欲不振、発熱をうったえます。ひどくなれば、大きくなった胆嚢を触れます。
 このような症状があらわれれば、かなり進行したときで、はじめはほかのがんと同じように、まったく症状はないものです。
 胆管がんには十二指腸乳頭部がん、総胆管がん、三管合流部がん、総肝管がん、肝門部胆管がん、肝内胆管がんなどがあり、はじめまったく無症状ですが、わりあい早くから黄疸があらわれます。
 さらに疝痛(せんつう:発作性の腹痛)、発熱、肝臓のはれをうったえます。黄疸は胆石による場合と異なり持続性で、どんどん強くなる進行性ですが、十二指腸乳頭部がんでは、がんがくずれて一時的に黄疸が軽くなることがあり、胆石症との区別がむずかしくなることもあります。

[治療]
 いずれの病気も、たまった胆汁を体外に排出するための経皮経肝胆管ドレナージをして、黄疸を軽くしてから根治的な手術をします。
 切除ができないような場合には、化学療法や放射線治療がおこなわれます。閉塞症がある場合は、内視鏡を用いて十二指腸から、あるいは経皮経肝胆管ドレナージのルートから自動的に拡張する金属性のステントを留置して内瘻(ないろう)化(管腔内で通路をつくる)させます。
医師を探す