脊柱側彎症〔せきちゅうそくわんしょう〕

 背骨が側方に彎曲変形するものを脊柱側彎症と呼びます。思春期の女性に多くみられ、原因が不明のものを特発性側彎症といいます。ほかにも先天的な背骨の変形により側彎をきたす先天性側彎症、まひに伴う側彎症などがあります。
 特発性側彎症では思春期にみられるもののほか、乳幼児期に発症するもの、学童期に発症するもの、思春期に発症するものがありますが、発症時期が早いもののなかには変形が進行するものがあり、注意が必要です。
 X線検査で側彎の程度を定期的に計測し、変形の進行の程度を調べます。変形が中等度の場合には装具治療をおこないます。原則として終日装着しますが、経過により夜間のみの装着とすることもあります。変形が強い場合には手術で背骨の変形を矯正して固定します。側彎症そのものは背骨の変形にすぎず、痛みやまひの原因となることはありませんので、軽い場合であれば心配する必要はありません。
医師を探す

関連トピックス