肋骨骨折〔ろっこつこっせつ〕

 転倒や転落で胸に強い力が加わると肋骨骨折を生じます。胸の痛みが強く、安静時にも痛みをうったえます。さらに深呼吸やせきに伴って痛みが増強します。ゴルフスイングやせきによっても肋骨骨折を生じることがあります。X線検査で肋骨の骨折を確認しますが、胸骨に近い軟骨部や移行部の骨折では骨折を確認できないことがあります。

[治療]
 バストバンドを2~3週間つけ、消炎鎮痛薬を内服したり、湿布をしたりします。肋骨骨折に伴い肺損傷を合併すると、肺の周囲に血液や空気がたまり(血気胸)、ただちに入院治療が必要となります。
医師を探す