脊椎圧迫骨折〔せきついあっぱくこっせつ〕

 外傷により背骨の椎体がつぶれて扁平(へんぺい)になったものが脊椎圧迫骨折です。高齢者で骨粗鬆症(こつそしょうしょう)により骨が弱くなると、ふとんをもち上げたり、しりもちをつくだけでも圧迫骨折を生じ、きっかけがなくても骨折を生じることさえあります。高齢者でいままでに経験したことのないような強い腰痛が2~3週間以上続く場合には、骨粗鬆症に伴う脊椎圧迫骨折がまず考えられますから、すぐに治療が必要となります。
 骨折は胸椎から腰椎にかけての部分に多くみられます。X線検査で骨折を調べますが、初期にはMRI(磁気共鳴画像法)検査ではじめて圧迫骨折が診断されることもあります。背骨にがんが転移して圧迫骨折を生じる(病的骨折)こともあるので、注意が必要です。

[治療]
 受傷直後はとても痛く、寝返りや起立、歩行が困難なほどです。側臥位(そくがい)などの楽な姿勢で安静を保ち、痛みに対しては鎮痛薬を服用します。1~2週間で疼痛(とうつう)が軽減し、起立歩行が可能となります。
 骨折の程度や経過により、軟性のコルセットや硬性のコルセットをつけます。圧迫骨折の治療と同時に骨粗鬆症の検査をおこない、再骨折を防ぐために治療をおこないます。
 圧迫骨折の治癒が遅れ、椎体のうしろの部分が突出するとうしろにある脊髄(せきずい)が圧迫され、両下肢のまひを生じることがあります。腰痛や背部痛、足のまひが続く場合には手術が必要となることがあります。
医師を探す