痛み

 外傷の痛みには、切り傷のように直接皮膚の神経が傷つけられた場合や、異物などが刺さり神経を刺激している場合、傷がなくても打撲により皮下や内部で出血し、はれて神経を刺激する場合があります。厚手の包帯で外傷部を中心に少し広い範囲で、ややきつめに圧迫したり、その部分を動かさないように固定すると痛みは軽くなります。圧迫や安静が外傷後に起こるはれや出血を少なくし、固定が神経への刺激を少なくするからです。
 傷が治り始めると、徐々に痛みが消えていきますが、ふたたび痛みが出てきたときは、異物が傷の中に残っていること、細菌感染していることや傷の中で出血していることがあります。そのときは、医師に相談します。

他の病気について調べる

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2018/05/14
「自分の痛みを知ることが大切」 柳葉敏郎さんが頼れる上司役でアドバイス 『神経障害性疼痛』の疾患啓発をスタート

ファイザー株式会社

2017/03/15
人工関節トップメー力一のジンマー・バイオメットと 再生医療ベンチャーのセルソースが再生医療の新事業を開始 ~ひざの痛みなど運動器疾患の治療に再生医療の普及を目指す~

ジンマー・バイオメット合同会社 セルソース株式会社