家庭介護のコツ

■療養者の心理を知る
 自宅での療養は医療機関と違い、住み慣れたわが家での生活になります。しかし健康なときと違い、療養者はあたり前のことができなくなっています。1日のほとんどをベッド上で過ごしていると、一人で考える時間が多くあります。それだけに療養者本人にしてみれば、思うようにならない自分のからだや他人に依存しなければならない自分に対しての悔しさ、情けなさ、怒り、いらだちを介護者にぶつけてくることがあります。
 健康な人にくらべ、ストレスがたまりやすく、そのうえストレスを発散できる機会はずっと少ないので、ときには自分自身の価値観を喪失し、生きることに対する気力を失ってしまうこともあります。
 病気によっては、脳梗塞などのように感情のコントロールがうまくできず、ちょっとしたことで怒ったり、泣いたりすることがあります。他人とのコミュニケーションをうまくとることができない病気もあります。そのため療養者のこころの動きはさまざまですが、誰のこころにも「大切にされたい、愛されたい、必要とされていたい」という思いがあることを忘れないでほしいものです。

■療養者への対応
 療養者は、介護をしてくれる人の気持ちをしっかりと感じています。それだけに療養者を家族の大切な一員として、愛情をもって対応するよう心掛けます。療養者への対応は一人ひとり異なりますが、共通している次のようなことに気をつけましょう。
・病気のために感情的になることも多いので、怒りなど負の感情に対していっしょに流されず、療養者のあらわす感情をできるだけ客観的に受けとめるようにします。しかし喜びやうれしさをともに分かち合うことも大切なことです。
・療養者には命令的な口調ではなく、「…してみますか」「…してみましょうね」と意思決定を療養者本人ができるようにします。
・療養者の気持ちを受けとめ、上手な聞き役になるようにします。
・療養者の不当な怒りや攻撃に対しては介護者自身のせいであると自分を責めたりせず、病気によるものと受けとめましょう。そして、療養者の態度に対して、冷静に介護者が不快であると伝えましょう。
・スキンシップをはかりましょう。療養者はさまざまな不安や孤独を抱えています。ちょっとしたことばをかけるとき、あるいはそばにいるとき、手をにぎったりからだに触れるなどのスキンシップをはかることが大きな安心を与えることになります。

■はじめから上手な介護はできない
 誰でも最初から療養者の満足のいくケアを提供できるわけではありません。入院中にケアの方法を看護師に指導してもらっても、療養者や介護者の納得のいくケアをおこなえるようになるには試行錯誤が伴うものです。すこしずつ慣れていくことが上手な介護の始まりです。

■がんばりすぎない
 多くの介護者はとてもまじめに毎日療養者へのケアをおこなっています。疲れていても自分がやらなければと、がんばってしまいます。家事や仕事をしながらの介護はとてもたいへんです。完璧な介護をしようとがんばりすぎて体調をくずしては、療養者の自宅での生活が成り立ちません。介護者のなかには腰痛のために介護ができなくなったり、疲労による高血圧で倒れてしまう人もいます。介護者あっての療養生活です。
 長期間の介護が必要な場合は、自分のできる範囲での介護をおこない、無理をしすぎないことです。がまんをせず家族や周囲の関係者に協力を頼んだり、ショートステイを利用したり、ヘルパーや訪問看護師のサービスを一時的にふやしてみるようにします。
 特に夜間の介護がふえそうなら、最低でも3人の介護者がいないと24時間が回らないと考えたほうがよいでしょう。

■息抜きをする
 介護者がいつも冷静に介護をできるとは限りません。家事に仕事、そして介護のために忙しすぎて、また疲れてストレスがたまることは避けられません。こうした状態では療養者に対して優しくできないこともあります。すこしでも自分の時間をもてるよう、他者に一時的に介護を頼めるように工夫することも大切です。
 また、なんでも話せる友達や趣味をもち続けることもストレスの発散になります。忙しい合い間にホッとする時間をもち、ストレスを発散することが心身の健康維持につながります。

■社会資源を使う
 療養者の生活に必要な社会資源は、入院中に準備しておきます。
 しかし療養者の状態や介護状況に応じて訪問看護師やヘルパーの派遣、入浴サービスやショートステイ(介護者が病気などで介護が困難となった場合、あるいは休養が必要とされる場合、一時的ですが療養者を医療施設や福祉施設で世話することができます)の利用などを取り入れていくことが、長期の療養の場合は特に大切です。
 自宅での介護に困ることがあれば、早めに担当のケアマネジャーや市区町村の窓口に相談すると、いっしょによい方法を考えてくれます。