家庭での介護の準備

 家庭で介護が必要となる療養者は、たいてい医療機関から退院してきます。家庭での介護を考える場合、準備はすでに入院中から始まっていることを心得ていなければなりません。最近では寝たきりで介護が必要なだけでなく、褥瘡(じょくそう:床ずれ)などの創傷処置、経管栄養、在宅酸素療法あるいは中心静脈栄養などの医療処置が退院しても必要であることが多くなっています。入院中にできるだけの準備をしておくと、療養者が退院してきても安心して自宅での介護が始められます。医療機関では療養者の状態、処置の内容、介護者の負担などをみて、必要に応じ院内のスタッフが地域包括支援センター、居宅介護支援事業所・訪問看護ステーションのスタッフなどと打ち合わせをおこない、退院の準備や退院後に必要なサービスをいっしょに考えてくれます。

■介護保険や障害者認定の申請をする
 在宅でサービスを受けるためには、介護保険の申請をし、要介護認定を受けることが必要です。市区町村の役所の窓口や地域包括支援センター、居宅介護支援事業所(ケアマネジメント機関)に相談すれば手続きをしてくれます。申請すると、調査員が療養者の状態を調査にきます。その後、認定審査会にかけられ介護度が決まり、受けられるサービスの給付額(区分支給限度基準額)が決定します。
 障害者認定による障害者手帳は障害の程度に応じて、本人あるいは家族が申請をすればもらえるものです。この手帳を持っていると、いろいろな制度を利用することができます。この手帳は役所に申請してから手元に届くまで1カ月近くかかります。介護保険の申請と同じように、入院中のできるだけ早い時期に主治医や病棟看護師、ケースワーカーなどに相談し、もらえる可能性があれば早めの手続きをすることが望まれます。
 訪問看護を受ける希望があるならば、退院前に事業者と契約しておき、退院後のサポートをタイミングよく受けられるようにすると不安が軽減します。

■介護器具・医療器具の準備をする
 ベッドなどの介護器具や吸引器、吸入器などの医療器具の貸与は、介護保険サービスとして受けることができます。自費で購入したり自費でレンタルする場合も退院までには間に合うように準備をしておきます。担当のケアマネジャーと相談して、必要な介護保険のサービスを利用できるように手続きしてもらいます。
 また介護器具や医療器具も、使いかたを退院までにしっかりと覚えておきましょう。故障や破損などがあっても困らないように、予備の確保や緊急時の業者の連絡先などを控えておくことが大切です。

■介護の方法、医療処置の方法を学んでおく
 退院するまでに療養者への必要なケア、褥瘡処置や経管栄養の方法などを学んでおくことが家庭での安心した療養生活につながります。シーツ交換、からだのふきかた、おむつまたは紙パンツ交換など療養者に不快がなく、介護者の負担が少ない方法を教えてもらいましょう。
 退院後は、病院で学んだとおりにはうまくいかない場合もあります。在宅では訪問看護師が教えてくれます。

■往診医をもとう
 家で安心して療養するためには、往診して病状をチェックし治療にあたってくれる医師が必要です。そして24時間いつでもなにかあれば相談にのってくれる医師です。大病院にばかりかかっている人は近くに往診してくれる医師を見つけるようにしましょう。家庭での療養の大きなこころの支えになってくれるはずです。また、介護保険での訪問看護サービスを受ける場合、訪問診療をしてもらう医師を決め、その医師から訪問看護の指示を出してもらいましょう。

■訪問看護師・ヘルパー・入浴サービスなどの利用
 家庭での介護は毎日おこなわなければなりません。介護者にかかる負担は大きく、無理を重ねると介護者が倒れてしまいます。ヘルパーに介護の一部をしてもらったり、訪問看護師に処置などのケアや病状のチェック、あるいは家庭での介護の方法を指導してもらい、介護の負担を一身に引き受けないことが介護を長続きさせるコツです。状態によっては入浴サービスを受けることも、かなり介護者の負担の軽減になります。
 これらは介護保険制度のサービスですから、どのようなサービスをどのように使うかケアマネジャーに相談して決めてください。

■自宅での療養環境をととのえる
 自宅で療養生活をする場所は病室に近いものになります。病室の環境をととのえることは病状の回復や意欲的な療養生活に反映します。しかし限られたスペースで療養環境をととのえることになりますから、本人と家族がよく話し合って決めることが望まれます。

□病室について
 いままで寝室としていた部屋がもっとも望ましい病室ですが、次の点を考慮しながら決めていきます。
 静かで落ち着ける場所、家族の目がとどき療養者が孤独を感じない場所、トイレ・洗面所が近い場所、介護者の負担の少ない場所などです。病室は季節に応じて室温や湿度を調節します。いずれも療養者が快適と感じられるようにします。
・夏の病室管理…夏は室外との温度差を5℃以内とします。25℃前後が適温です。冷房は、風が直接からだに当たらないように気をつけます。直接冷房の風が当たると皮膚が冷えて血行障害や、粘膜が乾燥して感染しやすくなり、炎症を起こす可能性があります。扇風機も持続的に風がからだに直接当たらないように配置します。室温が高すぎると脱水症状を起こしやすいので、夏の暑いときは室温の調節には特に注意してください。
・冬の病室管理…20℃前後をめやすに室温を調整します。ガスストーブや石油ストーブは室内の空気が燃焼によって汚れるため、定期的に外気との換気をしてください。エアコンによる暖房では室内が乾燥し、鼻やのどの粘膜の刺激となりかぜの原因ともなります。加湿器などで室内の湿度を50%以上に保つように心掛けます。
・常に換気に気をつける…病室は常に密閉していると、においがこもり療養者・介護者ともに不快になります。冷暖房を使わなくても2~3時間おきに5分間程度換気します。
・病室のにおいが気になる場合…室内のにおいが気になる場合は、炭(備長炭、竹炭など)やにおいを吸着するさまざまな消臭剤を置いておくと効果的です。本人がいやがらなければときどき室内用の消臭スプレーやアロマオイルを使ってもいいでしょう。

□ベッドについて
 療養者がほとんどの時間を過ごす場所であり、安心して休養できるように、次のことに心掛けます。
 寝心地がいい、寝たり起きたりの動作がしやすい、安全である(手すりの設置など)、清潔が保てる、介護がしやすいなどです。病床をふとんにするかベッドにするかは療養者の希望でどちらでもかまいません。しかし長期にわたる介護が必要な場合はベッドのほうが介護者の動作の負担が少ないので、適しています。

□ベッドを選ぶ場合
・高さ…介護が生活の全面に及ぶ場合と、自分でベッドサイドに座ることができるような場合では、療養者に合ったベッドは異なります。介護中心のベッドの高さは、約70cmといわれています。療養者がベッドサイドに腰かけられる場合は約40cmで、両足がしっかり床につく高さとします。
・機能…上半身や足元を上げることができるベッドや高さ調整ができるベッドがあると介護の負担軽減になります。電動ボタン一つで操作できるものも多くあります。またキャスターがついていると、ベッドを移動するときに便利です。
・マットレス…通気性のよいものを選びます。マットレスのスプリングは背中や臀(でん)部が沈み込まない弾力性のあるものや高反発マットレスが、寝返りがしやすく、長時間寝ていても楽です。
 寝返りが自分ではできず床ずれができそうな場合は、無圧ふとん(マットに凹凸があり、からだにかかるマットレスの圧力が分散できる)やエアーマットレス(マットレスに入る空気が時間ごとにわずかに自動で入れ替わり、圧力がかかるからだの部位を順次変えていく)を敷きます。無圧ふとんやエアーマットレスでは、直接シーツを敷くか、間に薄手のパットを使いシーツを敷きます。
・安全性…ベッドからの転落防止のためサイドレールをつけたほうが安心できます。からだを横に向けるとき、サイドレールがあるとからだを保持しやすく便利です。
・位置…部屋に入り療養者のようすがすぐわかる位置が安心です。ベッドは介護のしやすさを考え、両サイドは人が入って作業できる程度あけておきます。

□必要物品の置き場所
 使いやすく、わかりやすい場所を選びます。