認知症の介護

 認知症の症状がある高齢者がふえています。もの忘れをするといった軽い程度から、徘徊(はいかい:歩き回り)をしたり、排泄(はいせつ)物をいじる不潔行為をする人まで、程度はさまざまです。認知症の人を介護する家族は、介護負担が大きいことはもとより、自分の家族の変化を受け入れられない、つらさもあります。
 また、「まだら認知症」などといわれ、家族以外の人には、きちんと対応でき、認知症だと思えないときもあり、家族の精神的負担を増大させます。

■認知症の種類
 認知症には大きく分けて2種類あります。アルツハイマー型認知症と脳血管障害型認知症です。
 前者は脳の萎縮によるものです。後者は脳血管の梗塞により起こります。

■認知症高齢者への対応
□認知症かなと思ったら
 認知症が疑われたときは、まず受診して、確定診断を受けましょう。認知症とまぎらわしい症状に、うつ状態やせん妄状態があります。できれば認知症の専門医に相談して、認知症かどうか診断してもらい、今後の生活方法を指導してもらいましょう。

□自尊心を傷つけないで受容的態度で接する
 失敗した行動をしかったり、説得したり強制したりすることは、本人に屈辱感を残すだけで、かえって認知症を進行させることにもなりかねません。家族にとっては、理解しがたい行動をとっても、なぜそのような行動をとるのか、理解しようとつとめ、受け入れるようにしましょう。
 どうせわからないのだから、と思うのではなく、認知症になっても、人としての尊厳を大事にして、接することが大切です。このことはわかっていても、なかなか実行がむずかしいことです。

□感情にはたらきかける
 認知症の高齢者は、感情が保たれていますから、その感情にはたらきかけることが、大切です。
 たとえば、やさしいまなざしを向けるとか、手をにぎる、からだに触れる、などのボディータッチがとても有効です。

□介護の仲間をつくる
 介護を、専門家や友人に助けてもらうことはもちろんのこと、同じ悩みをもつ家族の集まりに参加し、悩みを聞いてもらったり、情報を集めたりすることは、家族が孤立しないうえでも重要です。行政や民間団体が主催する、介護者の集まる会などに積極的に参加してみましょう。
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会