小児の病気

■虚弱児
・扁桃腺がはれて熱を出しやすい神経質な子どもには柴胡桂枝湯(さいこけいしとう:陽・虚)を用います。
・しばしば腹痛をうったえる、やせた子どもには小建中湯(しょうけんちゅうとう:陰・虚・気虚〈ききょ〉)を用います。
・すぐに疲れて食後に眠気が起こる、横になりたがる子どもには六君子湯(りっくんしとう:陽・虚・気虚)、あるいは補中益気湯(ほちゅうえっきとう:陽・虚・気虚)を用います。高齢者でも同様の状態がみられますが、この場合にも用いられます。
・食が細くて下痢をしやすく、手足が冷たく、やせた子どもには人参湯(にんじんとう:陰・虚・気虚)を用います。

■夜驚症・夜啼症(夜泣き)
・怒りっぽくて気が短く、夜泣きのときも暴れて怒る子どもに抑肝散(よくかんさん:(陽・虚・肝の失調)を用います。
・寝ぼけて泣きながら、あくびをくり返す子どもには甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう:陽・虚)を用います。
・周期的に泣いたり静まったりをくり返し、腸がごろごろと動く音も聞こえるなど、腹痛のための夜泣きと思われるときには芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう:やや陽・虚から実)を用います。
医師を探す