白血病

解説
 造血幹細胞からそれぞれの血球がつくられる過程で、血液細胞に遺伝子異常が起こることで悪性化し、異常に亢進(こうしん)した増殖能力を獲得して無制限に増殖し、骨髄(こつずい)を占領し、正常な造血がおこなえなくなる病気です。
 骨髄でいちじるしく増加した白血病細胞は、多くの場合は末梢血液中に流れ出て白血球として数えられるので、白血球数が増加します。なかには、骨髄では増加していても血液中にあまり流れ出ていないために白血球数が正常であったり、減少したりしている場合もあります。
 白血球細胞がどの血液細胞に似ているかで、白血病は骨髄性白血病とリンパ性白血病に分けられ、その病気の性質の違いから急性白血病と慢性白血病とに分けられます。

【参照】子どもの病気:白血病

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2019/10/09
アムジェン社、小児の再発急性リンパ性白血病患者を対象としたBLINCYTO(BLINATUMOMAB)の2つの第Ⅲ相試験の良好な結果を取得

アムジェン社

2019/07/05
白血病細胞においてKrasが、がん抑制因子として働くことを発見 ~ 細胞分化シグナルを標的にした白血病新規治療薬の開発へ~

順天堂大学

2018/11/27
再発又は難治性のB 細胞性急性リンパ性白血病の治療薬 「ビーリンサイト点滴静注用35μg」新発売のお知らせ

アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社

2018/09/25
ビーリンサイト点滴静注用35ug 再発又は難治性のB 細胞性急性リンパ性白血病の 治療薬として日本での承認を取得

アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社

2018/07/24
がん患者・家族向け冊子『もっと知ってほしい 急性骨髄性白血病のこと』製作

特定非営利活動法人キャンサーネットジャパン

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会