白血病

解説
 造血幹細胞からそれぞれの血球がつくられる過程で、血液細胞に遺伝子異常が起こることで悪性化し、異常に亢進(こうしん)した増殖能力を獲得して無制限に増殖し、骨髄(こつずい)を占領し、正常な造血がおこなえなくなる病気です。
 骨髄でいちじるしく増加した白血病細胞は、多くの場合は末梢血液中に流れ出て白血球として数えられるので、白血球数が増加します。なかには、骨髄では増加していても血液中にあまり流れ出ていないために白血球数が正常であったり、減少したりしている場合もあります。
 白血球細胞がどの血液細胞に似ているかで、白血病は骨髄性白血病とリンパ性白血病に分けられ、その病気の性質の違いから急性白血病と慢性白血病とに分けられます。
【参考】子どもの病気:白血病

急性白血病〔きゅうせいはっけつびょう〕

慢性骨髄性白血病〔まんせいこつずいせいはっけつびょう〕

慢性リンパ性白血病〔まんせいりんぱせいはっけつびょう〕

成人T細胞白血病(ATL)〔せいじんてぃーさいぼうはっけつびょう(ATL)〕