特集

手足口病やプール熱、子どもの感染症=接触、飛沫で大人にも

 ◇溶連菌感染症

 溶連菌感染症は発熱、へんとう、リンパ節が腫れ、体中に発疹が出る。発熱、頭痛、せきなど、一般的な風邪の症状が出る感染症(風邪症候群)の大半はウイルス性だが、溶連菌感染症は細菌性。飛沫感染し潜伏期間は1~7日で、発疹が出ると体中に広がり、舌がイチゴのように真っ赤になることもある。

 夏だけでなく通年の病気で、子どもだけでなく大人にもうつる。病原体がウイルスではなく、細菌のため、抗菌剤による治療が可能。ペニシリン系の抗菌剤を10日間使用することで完治する。

 ◇重篤な症状も

 夏に流行する感染症の大半は、脱水や栄養状態に気を付ければ自然治癒する。ただ、ウイルスや細菌が肺や心臓、脳に入り込み、肺炎、心筋炎、髄膜炎、脳炎など重篤な症状をごくまれに引き起こすことがある。

 病原体によっても対処法が違うため、河島医師は「激しい頭痛や嘔吐(おうと)、ひきつけなどの症状が出たら、すぐ医師に相談してほしい。また家族や他の子どもにうつさないよう、手洗いやマスク着用を徹底すべきだ」と注意を促している。

新着トピックス