溶連菌感染症〔ようれんきんかんせんしょう〕

[原因][症状]
 溶連菌の感染により起こります。溶連菌感染は一度かかっても、菌体成分のMたんぱくが異なる溶連菌に対しては、再感染してしまいます。

■急性上気道炎
 咽頭炎や扁桃炎の15~20%は溶連菌感染症です。潜伏期は1~4日です。発熱、咽頭痛、頭痛、腹痛をうったえます。舌は白い膜(白苔)でおおわれ、4~5日で赤いボツボツした舌(いちご舌)となります。くびのリンパ節がはれることもあります。


■猩紅熱
 猩紅熱(しょうこうねつ)では、溶連菌が産生する毒素に対して過敏反応を有する児に発疹(ほっしん)が出現します。5~15歳が好発年齢で、潜伏期間は2~7日です。発熱、頭痛、腹痛が急にみられます。発疹は発症から半日から2日で出現します。赤色のこまかい発疹で、皮膚全体が赤く見えますが、口のまわりのみは蒼白(そうはく)となります。
 発疹出現後、7日ころから皮膚の皮がむけてきます。

[検査]
 のどの細菌検査で溶連菌が存在します。細菌培養の検査結果が出るまでは3~4日かかりますが、溶連菌抗原検査は30分程度でおこなえます。血液検査で抗体価を測定する方法もありますが、抗体価が上昇するのは、発病してから3~6週後なので、急性期の診断には役立ちません。しかし、抗菌薬の使用により培養検査が陰性である場合の診断には、きわめて有用な検査法です。

[治療]
 抗菌薬を内服します。リウマチ熱急性糸球体腎炎の予防のために、発熱が続いていなくてもペニシリン系抗生物質は10日間服用し続けます。
 学校へは「感染のおそれがない」と学校医などがみとめるまで登校停止です。なお、保育所には抗菌薬をのんで治療を開始後24~48時間を経過していることが登園の基準となっています。

【参照】感染症:A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
医師を探す