話題

急な冷え、寒暖差に注意=脳卒中や不整脈の恐れ

国際医療福祉大学大学院の前田眞治教授
 まだまだ寒さの厳しい季節が続く。ごみを捨てるために家の外に出たり、家の中でも暖かい部屋からトイレなどの冷たい場所に移動したりするときには急激に血圧が上がりやすくなる。血圧の上昇の幅が大きいと、脳卒中や不整脈などの症状に襲われる恐れもあるので、注意が必要だ。
 温熱学を専門とする国際医療福祉大学大学院の前田眞治教授は「体が冷たくなると、体温を一定に保とうとして交感神経が緊張し、血管がギュッと収縮する。この結果、血圧が上がる」と説明する。日常的に寒暖差を経験する冬は、危険なシーズンだと言える。

シャツ着用の男性が24℃の部屋で5分間エアロバイクで運動した後、5℃の部屋に移動した時の血圧の変化
 ◇危険度はレベル1~3

 前田教授は、平常時の血圧が100前後の健康な男性(35歳)と女性(31歳)を対象に実験を行い、冬の日常生活における温度差の危険性をシミュレーションした。実験は、室温が異なる二つの部屋を用意し、暖かい部屋ではエアロバイクなどを使って日常生活の運動を再現。暖かい部屋を出る直前、寒い部屋に移動した直後、それから1分経過した時点での血圧を測定した。これを基に前田教授が監修したのが「温度指数」だ。
 温度指数はレベル1から3までの3段階に分かれる。レベル3は血圧の上昇(mmHg)が15以上で「危険」。脳卒中や不整脈、動悸(どうき)、胸の痛み、頭痛などが起きる可能性がある。レベル2は上昇が10以上15未満で「やや危険」。動悸や軽い頭痛などにより、活動に一時的に支障を来すことも考えられる。レベル1は上昇が10未満で、問題はない。

新着ピックアップ