不整脈

 ふつう、心臓はおよそ規則正しくうつものですが、これが速くなったりおそくなったり、または間隔が乱れるのが不整脈です。不整脈は手くびで脈をさわってみるとわかります。でも、くわしくは心電図検査によらなければなりません。
 不整脈は、心臓が健全な人にも運動前後や神経の緊張で起こります。しかし、脈の乱れが続いたり、危険な不整脈が起こるのは病的で、心臓の病気がある場合に起こりやすいものです。


■不整脈の種類
 不整脈は、脈が速くなる頻脈(ひんみゃく。あるいは頻拍〈ひんぱく〉)と、脈がおそくなる徐脈(じょみゃく)に分けられます。発生部位によって上室(心房)性と心室性にも分けられます。また、重症度によって、安全な不整脈と危険な不整脈に分類する場合もあります。
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会