血糖(ぶどう糖・グルコース)

■糖尿病で増加
 糖尿病は膵(すい)臓から分泌されるインスリンの量が減少するか、インスリンへの反応性が低下することで、血液中のぶどう糖(血糖)が増加し、動脈硬化や腎機能低下、網膜症や神経障害を起こす病気です。
 早朝空腹時の血糖値(静脈血漿〈けっしょう〉)が126mg/dL以上か、任意の時刻に採血した血糖値が200mg/dLを超える場合には糖尿病と診断されます。
 正確に診断するためには経口ぶどう糖負荷試験をおこないます。75gのぶどう糖入りジュースを飲み、飲用前、(30分後、1時間後)、2時間後の血糖や尿糖、インスリンを測定し、2時間後の血糖値が200mg/dL以上を糖尿病型、140mg/dL未満を正常、その間を境界型と判定します。
 いっぽう、血糖値が60mg/dL以下の場合は低血糖で、極端に低下すると冷や汗、イライラ、意識障害を起こします。膵臓のインスリン産生腫瘍(インスリノーマ)や副腎機能低下(アジソン病)などでみられます。

■基準値:空腹時 73~109mg/dL

■検査結果から疑われる病気
 高値の場合には、次のことが考えられます。
 糖尿病慢性膵炎肝硬変心筋梗塞先端巨大症、クッシング症候群(副腎コルチゾール産生腫瘍参照)、ステロイド治療など。
 低値の場合には、次のことが考えられます。
 医原性(インスリン、血糖降下薬の過剰投与)、インスリノーマ下垂体前葉機能低下症アジソン病など。