腎盂腎炎〔じんうじんえん〕

[原因]
 細菌が尿道から膀胱、さらに腎盂(じんう)まで侵入したために起こります。
 原因菌の多くは大腸菌をはじめとする腸内細菌です。くり返す場合は、尿が膀胱(ぼうこう)から腎臓へ逆流する膀胱尿管逆流の存在が疑われます。

[症状]
 新生児や乳児期では発熱のほか、下痢や嘔吐(おうと)、ひきつけ、食欲不振、不きげん、顔いろ不良など、非特異的な症状を呈します。
 年長児では排尿回数が多かったり、腰背部痛があります。

[治療]
 抗菌薬の内服をします。新生児や乳児では、尿路から全身に細菌感染がひろがり、敗血症という重篤な病気になることがあるので、入院のうえ、抗菌薬の静脈注射が必要です。
 膀胱尿管逆流がある場合は、その治療や経過観察が必要になります。急性腎盂腎炎
医師を探す