脳腫瘍〔のうしゅよう〕

 脳腫瘍は頭蓋内に発生する腫瘍を指します。ほかの部位の腫瘍との大きな違いは、かたい頭蓋骨に囲まれていることです。このために診断がむずかしいばかりではなく、良性腫瘍であっても生命の危険を生じることがあり、また手術も容易ではありません。
 腫瘍には大きく分けて良性腫瘍と悪性腫瘍があります。また脳に最初にできた脳原発腫瘍と、肺などから転移してきた転移性腫瘍の別もあります。腫瘍ができる部位によって、下垂体腫瘍、テント上腫瘍、テント下腫瘍などの名もあります。

[症状]
 2~3カ月の経過で徐々に症状が悪化していくことが特徴です。特に早朝の頭痛で気づかれることもまれではありません。頭痛に伴って嘔気(おうき)、嘔吐(おうと)も徐々に悪化していきます。脳の局所症状としては視覚異常、視力低下、片まひ、難聴、歩行失調が徐々にあらわれ、進行していきます。末期には意識障害がはじまります。経過中にけいれん発作を示すこともしばしばあり、またけいれん発作で発症することもあります。下垂体腫瘍では巨人症、先端肥大症手根管症候群をみます。
 脳腫瘍の特徴は、症状が常に進行するという点です。つまり、一度あらわれた症状は増悪(ぞうあく)することはあっても自然に軽快消失することはありません。
 脳は頭蓋骨に囲まれているために、良性腫瘍であってもそれが大きくなるにつれて脳内の圧が上昇します。頭蓋骨は頸髄(けいずい)に向かう大後頭孔のみが外に開いているため、脳圧が上昇するにつれて脳が下へ押し下げられていきます。最終的には脳幹が骨に押しつぶされて瞳孔(どうこう)が散大し、呼吸が停止します。
 脳神経に発生する腫瘍は症状が出やすいので、早く診断されることが多いです。特に聴神経に発生する聴神経腫瘍は片側の難聴とめまいではじまり、徐々に進行します。ただし3分の1の例で突発性難聴の症状で発症することもあります。

[診断]
 CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像法)検査が必須です。病巣が確認できたら血管造影をおこない、どの血管が腫瘍を養っているかを調べます。これは手術するにあたって、大切な情報になります。脳波や各種の内分泌検査が必要になることもあります。

[治療]
 原則として手術をします。ただし、悪性腫瘍が脳内に多数転移している場合は放射線治療や化学療法が中心になります。いっぽうで、下垂体腫瘍ではブロモクリプチンの内服だけで軽快することもあります。特に血管奇形や血管に富んだ腫瘍ではそのまま手術をおこなうと大出血を起こすので、エチルアルコールなどを注入したり、特殊なオイルを注入して動脈を閉塞させて治療することもあります。近年はガンマナイフという特殊な放射線療法も使われるようになりました。
 ガンマナイフはガンマ線が1点に焦点を結ぶようにつくられている放射線照射機器です。このため周囲の非腫瘍組織に照射による損傷が少ないのが特徴です。下垂体腫瘍や聴神経腫瘍などで腫瘍が小さい場合に適応となります。
 転移性腫瘍では多臓器に広範な転移がある場合は手術の適応になりませんが、脳腫瘍それ自体で生命の危険があり、手術で2~3カ月は延命が期待できる場合は手術をおこないます。良性腫瘍では可能なかぎり正常の組織を残しつつ、摘出します。悪性腫瘍では浸潤(しんじゅん)が広範囲のことがあり、神経症状を悪化させない範囲で手術し、残った部分に対しては化学療法や放射線療法を加えます。
 放射線療法は悪性腫瘍の治療上でもっとも大切です。転移性脳腫瘍では全脳に対して照射します。脳原発の悪性リンパ腫は化学療法と全脳放射線療法で治療しますが、完治例の少ない疾患です。