根尖性歯周炎〔こんせんせいししゅうえん〕

 歯髄(しずい)炎、歯根膜炎が進み、歯根のまわりの歯槽骨(しそうこつ)に炎症が波及したものです。
 ふだんはその歯をたたいたり、その歯でかんだときに痛んだり、違和感があったりする程度ですが、急性化すると歯根の先端に相当する付近の歯肉がはれて、ズキズキ痛んだりします。
 うみがたまっている場合には歯肉を切開してうみを出し、薬で炎症を抑えてから根の中の治療(根管治療)をして原因を取り除きます。程度が軽ければ根管治療だけで治ります。
医師を探す