舌小帯強直症〔ぜつしょうたいきょうちょくしょう〕

 舌正中(ぜつせいちゅう)の下面と歯肉(しにく)の間のひだを舌小帯といいます。新生児では比較的短く、舌の先に付着していますが、ふつうは発育とともに退縮していきます。退縮しなかった場合を舌小帯短縮症とよびます。それが重度な場合、舌の動きを制限する強直症となります。舌の先を上にあげにくくなる(ハート型に見えます)ため、言語障害や摂食障害などが起こることがあります。治療は障害のみられる場合、舌小帯形成術をおこないます。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会