正中菱形舌炎〔せいちゅうりょうけいぜつえん〕

 舌中央部の後方に生じ、舌乳頭(ぜつにゅうとう)が欠如したものです。赤い色をしたひし形の高まりとしてみられます。一見できもののように見えるため、腫瘍を心配して受診する人もいます。症状はなく、特に治療も必要ありません。最近ではカンジダ菌の局所感染が原因ともいわれています。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会