左心低形成症候群〔さしんていけいせいしょうこうぐん〕

 先天性心疾患のなかで治療の成績がわるく、手術で治すことがもっともむずかしい病気の一つです。左心室から大動脈にかけて育ちがわるいために、からだへ血液を送り出すポンプとして働けません。
 外科手術によって、右心室と肺動脈を使ってからだに血液を送り出す構造をつくりあげる治療がおこなわれます。

(執筆・監修:公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院 小児循環器科 部長 矢崎 諭
医師を探す