肺静脈還流異常〔はいじょうみゃくかんりゅういじょう〕

 肺静脈還流異常は、生まれてすぐにチアノーゼ(くちびるや肌の色が紫がかって見える状態)で発症する病気の代表的なものです。左心房につながるはずの肺静脈がからだの静脈や右心房につながる病気です。
 肺静脈を左心房につなげ直す外科手術がおこなわれますが、術後に肺静脈狭窄(きょうさく)を合併することがまれではありません。肺静脈の一部のつながりだけが異常なものを部分肺静脈還流異常と呼び、心房中隔欠損に合併してみられることが多いものです。
医師を探す