エプシュタイン奇形〔えぷしゅたいんきけい〕

 三尖弁(さんせんべん)のかたちの異常のために、三尖弁閉鎖不全が起こる病気です。右心房・右心室の拡大のために心臓が胸いっぱいに拡大していて、生まれてすぐに具合がわるくなる重症型から、成人まで治療をしなくても過ごせるタイプまで病状に幅があります。
 三尖弁の逆流を減らす手術や右心バイパスの手術(からだの静脈を肺動脈につなげる手術で、肺動脈にはポンプなしで血液が流れる)がおこなわれます。

【参照】子どもの病気:エプシュタイン奇形
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会