大血管転位〔だいけっかんてんい〕

 大動脈と肺動脈が入れ替わっている病気で、血液の流れも入れ替わるものを完全大血管転位といい、心室が左右で入れ替わっているために血液の流れは通常と同じになるものを修正大血管転位と呼びます。
 完全大血管転位では、からだから戻ってきた酸素の少ない血液がふたたびからだに送り出されるため、生まれてすぐのころから重度のチアノーゼ(くちびるや肌の色が紫がかって見える状態)がみられます。
 この病気で大動脈と肺動脈をつけ替える手術ができる場合は生後間もないうちに外科手術がおこなわれます。肺動脈の狭窄(きょうさく)を合併した場合は成長をまって肺動脈への血液の通り道の再建を伴う手術をおこないます。完全大血管転位

医師を探す