大動脈縮窄・大動脈弓離断〔だいどうみゃくしゅくさく・だいどうみゃくきゅうりだん〕

 大動脈の弓部から下行部にかけて狭窄(きょうさく)していたり(大動脈縮窄)、途切れている(大動脈弓離断)病気です。通常は心室中隔欠損など、ほかの異常を合併しています。
 下半身への血流がわるくなるので、手術によって狭い部分の前後や途切れた部分をつなぎ直す必要があります。その処置までは、薬で動脈管をあけておくことによって下半身への血流を維持します。大動脈縮窄
医師を探す