[肝臓と胆嚢の構造とはたらき]

■構造
 肝臓は、横隔膜のすぐ下、胃の右にある大きな、わりにやわらかい臓器で、右肝と左肝の2つに分かれています。重さは1200~1500gあり、右肝のほうが大きいのがふつうです。
 この肝臓から分泌される胆汁を肝臓から集めて十二指腸に送る管が胆管です。胆管の右横のほうにふくろが付いています。これが胆嚢(たんのう)で、肝臓から胆嚢が開口しているところまでの胆管を肝管、胆嚢が開いているところから十二指腸に開口するまでの胆管を総胆管といいます。これらを総称して胆道といいます。
 肝臓には肝動脈と門脈から血液がそそぎます。ふつう、ほかの臓器は動脈血がそそぐだけですが、肝臓だけは動脈のほかに消化管で吸収された栄養分を多く含んだ門脈血(静脈血)もそそいでいます。
 門脈は食道の下部、胃、十二指腸、小腸、結腸、膵(すい)臓、脾(ひ)臓、胆嚢からの静脈の集まったもので、門脈を経てこれらの腹部の臓器からの血液が肝臓に送られ、肝臓で処理されます。肝臓からの血液は、肝静脈を経て下大静脈にそそぎます。


■肝臓のはたらき
 肝臓は消化管から吸収されたあらゆる栄養物を、門脈を経て集め、これをからだに供給するだけでなく、いろいろなはたらきをし、生命を保つうえで非常に重要な臓器です。
 大事なことを「カンジン」といいますが、カンは肝臓の肝、ジンは心臓の心、あるいは腎臓の腎と書くくらい大切なところです。
 肝臓のはたらきのおもなものは、次のようなものです。
 1.糖質、脂質、たんぱく質など、腸管から吸収されたものを、からだで使用するのに適した状態に変化させたり、蓄えたりします。
 2.外界から入ったり、からだの中でつくられた有害なものを解毒するはたらきがあります。
 3.からだ全体の水分の配分、水分の保持に作用を及ぼします。また、塩類(無機物)のうち、からだに必要なものをとってその中に蓄えたり、不必要なものを胆汁中に排出するはたらきがあります。
 4.胆汁をつくって、これを分泌します。胆汁は、膵臓から分泌される酵素を活性化するとともに、脂質の消化に重要な役割を果たすほか、胆汁中の胆汁酸という成分は大腸のはたらきを強める作用があります。
 大便が黄色であるのは、胆汁中に含まれるビリルビンという色素のためです。
 5.ある種のビタミンを活性化したり、蓄えたりするはたらきがあります。悪性貧血に対抗する物質(ビタミンB12や葉酸)も含まれています。また、止血に関係する物質(凝固因子)もつくります。
 このように数え上げると、わたしたち人間にとって肝臓がいかに重要な臓器であるかがわかると思います。

■胆嚢のはたらき
 肝臓から出てくる胆汁はわりに薄いものです。この胆汁の一部は一度胆嚢に蓄えられ、ここで水分が吸収されて濃くなった胆汁は、十二指腸に食べ物が入ると胆嚢の収縮によって絞り出され、効果的に消化作用に寄与するようになります。
 胆嚢を手術で切りとってしまうと、胆汁を濃くする作用はなくなりますが、そのための不都合は特に起こりません。