裂肛(きれ痔)〔れっこう(きれじ)〕

 かたい便や下痢便によって敏感な肛門上皮が切れた状態で、肛門潰瘍ともいわれます。

[症状]
 程度の差はありますが、排便時(便が通るとき)に痛み、排便後紙に付着する程度の出血があります。特に便がかたいとき顕著です。傷が深い場合や刺激性のある便の場合は、疼痛(とうつう)が半日以上持続するときもあって症状は悪化します。慢性化すると肛門ポリープや見張り疣(いぼ)を合併し、肛門が狭くなって排便しにくくなります。鉛筆より細い便しか出なくなることもあります。

[治療]
 下図のように、急性期の期間では痛みを軽減させて便の性状をやわらかくし、局所に軟膏を塗布して治療します。急性期は治癒しやすい病態です。しかし、適切な治療がなされず慢性化した場合、いろいろな病態が合併することも少なくありません。その多くは手術が必要になりますので注意が必要です。
医師を探す