老人性白斑〔ろうじんせいはくはん〕

 四肢、体幹に、直径1cm以内のまるい色素脱失斑が30歳ごろからみられます。単なる皮膚の老化現象なので、心配なものではありません。
医師を探す