毛包炎〔もうほうえん〕

 毛包の細菌感染が毛包炎で、毛穴が赤くはれて小さく盛り上がって痛みます。

 毛包炎に次のような2つの特別な名前が与えられているものがあります。

■ボックハルト膿痂疹(続発性膿痂疹)
 ボックハルト膿痂疹(のうかしん)は、かゆい皮膚病があって、ひっかいているうちに、爪から毛包内に化膿菌が押し込まれて起こるもので、手足の毛口に一致して小さな膿疱(のうほう)、黄色いかさぶたをつくります。これは、毛口に始まり、深く毛包のなかにまで進むことは少なく、出口の部分に限局されて膿疱をつくり、破れるとかさぶたをつくります。治療法は、とびひと同じです。

■尋常性毛瘡(かみそりかぶれ)
 尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)は、口のまわりのかたい毛(口ひげ、あごひげなど)に起こる毛包炎で、かみそりを使ったあとにでき、しかも、これを使うたびに悪化していくので、“かみそりかぶれ”といわれています。おもに白色ブドウ球菌によって起こります。これには、なんともない皮膚にできるものと、はじめかゆみがあって、その上にかみそりを使って起こるものとの2つがあります。
 はじめは、毛包に一致した小さな膿疱です。中心に毛が生えていて、そのまわりは赤みが強くなっています。だんだんしこりができてきて、治りにくくなり、数カ月、また数年に及ぶことがあります。
 ひげそりにはなるべく電気かみそりを使うようにします。


[治療]
 外用としては、ブドウ球菌によく効く抗生物質の入った軟膏(なんこう)が使われます。毛包炎の程度によっては抗生物質を内服します。
医師を探す