ハンセン病(レプラ)〔はんせんびょう〕

 らい菌による感染症で慢性の経過をとります。皮膚のほか、神経や目をおかします。らい菌は一般に、乳幼児期に感染し、成人期に感染することはないといわれています。現在の日本では新しい患者の発生はごく少数となっています。

[症状]
 皮膚症状はらい腫型(L型)では結節(しこり)を、類結核型(T型)では境界のはっきりした赤紫色のかたい局面をつくってきます。痛みやさわった感じがにぶくなってくることがほとんどです。

[治療]
 治療は薬物療法が中心で、抗ハンセン病薬(リファンピシン〈RFP〉、ジアフェニルスルホン〈DDS〉、クロファジミン〈CLF、色素系抗菌薬〉)の内服です。
医師を探す