壊死性筋膜炎〔えしせいきんまくえん〕

 下肢などにやけど(熱傷)に似た水疱(すいほう)ができて、皮膚が赤黒くなりくずれてきます。急速にひろがり、痛みが強く、高い熱が出ます。全身状態も数日で急速に悪化するので適切な治療をしないと死亡する危険性の高い病気です。


[原因]
 レンサ球菌やビブリオ菌感染で、皮膚の深いところ、筋肉の膜の上あたりで菌がふえていますが、全身に感染が波及します。ビブリオ菌の場合は、さしみなどの生魚を食べたあとで起こり、下痢症状も伴います。

[治療]
 単に抗生物質を服用するだけでは効果がありません。入院して急ぎ壊死した皮膚組織を手術、切除する必要があります。そのうえで抗生物質を服用します。
医師を探す

関連トピックス