丹毒〔たんどく〕

 レンサ球菌の感染によるもので、顔面、四肢の皮膚に傷があるところに起こってきます。発熱、倦怠(けんたい)感などの全身症状が出ます。病変部の皮膚は赤く、かたくなり、はれて、ほてっています。圧痛があり、その境界ははっきりしています。
 その部分から、からだの中心部に向かって赤い線条が走っています。これはリンパ管炎です。そうして、リンパ節がはれてきます。また、紅潮面は急速にまわりに向かってひろがっていきます。
 以前はこのために死亡することもあり、伝染するというので、隔離されたこともありますが、いまでは簡単に治るようになりました。

[治療]
 レンサ球菌に効く抗生物質の注射・内服で軽快します。局所は冷湿布で十分です。
医師を探す

関連トピックス