蜂窩織炎(蜂巣炎)〔ほうかしきえん(ほうそうえん)〕

 腕や下肢の皮下組織(脂肪組織の部分)を中心におもにブドウ球菌が感染して増殖する急性感染症です。皮膚はぼんやり赤く、かたく、熱くなり、痛みがでます。時間がたつと少しブヨブヨして、うみが見えることもあります。全身の熱がでることもしばしばです。


[治療]
 赤く熱いところは水を入れたビニール袋や保冷剤をガーゼで包んだものなどで冷やします。抗生物質の全身治療(内服、注射)が必要ですし、時期によっては切開してうみを出します。早めに医療機関を受診してください。
医師を探す