鉱山外傷〔こうざんがいしょう〕

 鉱山事故は起これば大規模な災害となり、死亡する率の高い労働災害です。救助された人は、多発外傷で一酸化炭素(CO)中毒のことが多く、高圧酸素療法などの特別な治療が必要です。
 日本では鉱山が減少し災害も減ってきました。災害が起これば特殊救助隊が必要であり、より早い通報が二次災害を防ぐ方法です。
医師を探す