スポーツ傷害〔すぽーつしょうがい〕

 健康のためやストレス発散などのために、市民スポーツが盛んになってきています。そのなかから本格的に競技会や大会に参加しようとする人も出てきており、最近では、中高年者のための競技会も開催され、スポーツ人口も年々ふえ、同時にスポーツに関連したけがや障害がふえています。スポーツに伴うけがの手当て
 スポーツで起こるけがは、大きく2つに分けられます。第1は他人や物に当たり、そのためにからだや関節が限度以上に曲がって起こる捻挫(ねんざ)や靱帯損傷(じんたいそんしょう)、骨折などのスポーツ外傷といわれるもので、第2は、練習のしすぎや疲労の蓄積のために起こる野球ひじ、テニスひじなどのスポーツ障害と呼ばれるものです。この2つをあわせてスポーツ傷害といいます。
 一般人のスポーツによるけがの原因は、多いほうから順に、1.技量未熟、2.不注意、3.過労、4.準備運動不足、5.実力過信、6.不可抗力、7.環境・用具不足、8.ルール違反です。
 不可抗力によって起こるけがは少なく、避けることができる原因が多いのです。
 スキーでの骨折は、技量不足や実力を過信した人が急斜面を滑り転倒し起こることが多いです。実力に見合った場所や方法を選ぶことはスポーツでのけがを避けるための第一歩です。ラグビーは、事故防止のため、あまりにも実力が離れているチームを対戦させることはルール上、禁止されています。
 スポーツの種目と傷害される部位の関係では、野球は肩、ひじ、指で、サッカーではひざ、足くび、股関節、テニスではひじ、足くび、バスケットボールやバレーボールではひざ、足くび、アキレス腱、指などで起こります。
 応急処置は「RICE」が基本となります。傷がない場合や傷の処置をしたあとにおこないます。「RICE」とはRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)のことです。RICEの応急処置


[予防]
 スポーツの傷害を防ぐうえでよいとされていることを次にあげます。
1.週1~2日の休息日
 スポーツを毎日激しくおこなうことは、健康にもまた技術の獲得(うまくなること)にも、そして傷害を起こすうえでもよくないことがわかっています。
 毎日、ハードな練習をするとはじめはうまくなりますが、徐々に疲労が蓄積して健康をそこねたり、技術の獲得ができにくくなり、いろいろな外傷や障害も起こしやすくなります。最低週1日できれば2日、スポーツを休む日をつくることが、うまくなるうえでも傷害を予防するうえでも大切です。

2.準備運動(ウオーミングアップ)
 十分な準備運動をおこない、からだをあたため筋肉と関節を伸ばすことは、筋肉と神経の連動をよくします。また十分なストレッチ運動は、かたくなった筋肉や関節を伸ばし、柔軟性を高めます。
 スポーツ中の急激な力に対し、かたい筋肉や関節は耐えきれず痛みやすく、疲れやすくなります。準備運動もしないで、急に足を踏んばりアキレス腱(けん)を切ったり、急に全力でボールを投げて肩やひじを傷めたりします。準備運動は非常に大切であることを再認識しましょう。

3.整理運動(クーリングダウン)
 日本のスポーツ愛好家は、運動後疲れ切って、からだの手入れもせず帰ることが多いものです。運動をおこなったあと、筋肉には乳酸などの疲労物質がたまり、これが蓄積するとスポーツ傷害を起こしやすくなります。
 野球肩・ひじ、テニスひじなどは疲労の蓄積も一因です。1.で述べたように休息日をとることも大切ですが、運動後にクーリングダウンをおこなうことは疲労をとる一つの方法です。十分に筋肉を伸ばすストレッチ体操をクーリングダウンにとり入れ、疲労物質を筋肉からとることです。必ずおこない、楽しいスポーツが長年できるようにしましょう。

4.運動には水が必要
 運動中に筋肉は熱を出します。熱を下げるため、からだは発汗の気化熱で体温を下げます。このように運動中の水分は大切で補給が必要です。水分の補給は、その日の天候や湿度によって違いますが、たとえば晴天でゴルフをおこなう場合、コースに出る30分前に、コースに出てから30~40分ごとに、または、のどがかわいたときにコップ1杯の水をとることがすすめられます。
 水分はスポーツ飲料でも水道水でもよいでしょう。このようなことで熱中症や脱水症を予防することができます。なお、熱中症は温度の高い日や、曇りでも湿度の高い日になりやすいものです。

5.成長期にウエートトレーニングや強制的な柔軟体操をおこなわない
 子どもの筋力を増すために非常に重いものを持ったりする練習は、子どもの成長をさまたげることになります。特に骨の成長をさまたげ、身長が低くなったりします。
 また元来、子どもの関節や筋肉は柔軟性があり、強制的な柔軟運動はあまり必要ではないと考えられます。選手を座らせ、うしろから腰を急に強く曲げることは、成長期の背骨にあまりよい影響を与えないといわれています。慎重にすべきことと思います。
医師を探す