褥瘡〔じょくそう〕

 褥瘡は「床ずれ」ともいわれ、寝たきりの患者さんの臀部(でんぶ)、背部、大腿(だいたい)部などに多くみられます。また、車椅子を使用している場合は、坐骨部(ざこつぶ:臀部の下部)に褥瘡を生じることがあります。



 褥瘡は体重を支える部分に多く発生します。また、表面には死滅した組織である壊死組織(えしそしき)や細菌が付着しています。これらの要因によって、治癒がさまたげられています。

(執筆・監修:埼玉医科大学 教授〔形成外科・美容外科〕 時岡 一幸)
医師を探す