糖尿病性足病変〔とうにょうびょうせいそくびょうへん〕

 糖尿病性足病変とは、糖尿病の合併症として生じる下肢の感染や潰瘍などの足病変です。生活習慣病の増加とともに、近年では増加しています。
 糖尿病は血管や神経の障害、腎機能障害、免疫力低下などさまざまな合併症を伴います。このため、糖尿病性足病変は感染しやすく、組織損傷の進行が速いのが特徴です。また、眼の病変を合併するため、患者さん自身が自分の足を観察できず、発見が遅れることがあります。


【治療】
 治療は褥瘡と同じような方法をおこないます。
 図のように進行した糖尿病性足病変の場合は、足の指や下肢全体を切断する以外に方法がなくなることもあります。

【参照】内分泌・代謝異常の病気[糖尿病・肥満など]:糖尿病性壊疽
医師を探す

他の病気について調べる