糖尿病性足病変〔とうにょうびょうせいそくびょうへん〕

 近年、世界的に増加しているのが、「糖尿病患者の下肢に生じる感染、潰瘍、深部組織の破壊性病変」と定義される糖尿病性足病変です。特に足の潰瘍は再発しやすく、十分な治療がなされないと、下肢を切断する以外に手段がなくなり、その後の寿命が短くなることもあります。

 したがって、糖尿病性足病変を疑われた場合は、すみやかに専門の医療機関で治療を受ける必要があります。また、糖尿病の患者さんは、日ごろから自分の足を観察して、早めに足の異常を見つけることが大切です。
医師を探す