研修医こーたの出来たてクリニック

「もっと会いに来てあげていたら…」 
大切な人と過ごす最後の時間

 初期研修医として1年弱働き、患者さんの死に立ち会わせていただく機会が増え、こういった言葉を遺族が患者さんにかけているのを聞くようになりました。

 私は、今まで親族や友人などの近しい人を亡くした経験がなかったので、死を身近に感じたことがありませんでした。「何度かお見送りを続けると慣れてくるよ」。先輩医師に言われますが、死がいきなり身近になったせいなのか、いまだに全く慣れません。涙を流している遺族と共に行う死亡確認では毎回、目頭が熱くなってしまいます。

大事な人との時間を大切に過ごそう

 ◇伝えたいこと

 患者さんにもいろいろな最期を迎える方がいらっしゃいます。家族と最期の時間を共有しながら亡くなる方。突然の死で家族と最期の瞬間を過ごせない方。家族と絶縁状態なため病院や施設で孤独に亡くなっていく方。

 どの最期が良いかは人それぞれだとは思いますが、多くの人は最期の時間を家族や親しい人たちと共有し、伝えたいことがあるのではないでしょうか。

 しかし人間は思った通りに亡くなることはできません。心筋梗塞や大動脈解離などの心血管疾患、脳卒中、交通事故などで死を突然迎えられる疾患さんは、かなりの数に上ります。命が助かったとしても意識が戻らず、意思の疎通が難しくなってしまうケースも少なくありません。

 ◇いつやって来るか分からない

 医師として若輩者ではありますが、患者さんの死や意識障害を受け入れられないご家族をたくさん見てきました。死は制御できるものではなく、いつやって来るか分かりません。家族や親友とあとどれだけの時間を過ごせるのかも分かりません。

 「家族や親友などを大切にし、共に過ごす時間をできるだけ長く、そして密度の濃いものにする」。これが他人の死に携わる仕事を始めてから大切だと感じたことで、私から皆さまに最も伝えたいメッセージです。(研修医・渡邉昂汰)

研修医こーたの出来たてクリニック

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会