医学生のフィールド

移植医療の高みに挑む若手外科医に学ぶキャリア形成
医学生が企画、オンライン講演会

 ◇最終目標は日本の移植医療に貢献すること

 目標は、トロントでMPの基礎、および臨床現場で外科医としてMPの管理を学び、それを日本で実践すること。日本でも腎・肺においてはMPの臨床使用の報告があるが、最もMPの効果が高いとされる代謝臓器の肝臓はまだ準備段階だ。SNSに加え、国内外の学会で積極的に情報発信を行うのも、移植が受けられずに臓器不全で亡くなる人をゼロにし、腫瘍疾患の臓器移植での治療に取り組むという目標のためだ。

 大動物の肝移植手術を執刀する後藤医師(本人提供)
 医師という職業は、臨床医だけでなく、地方医療、医官、企業、教官、開業医、産業医、研究、海外勤務などと、キャリアの選択肢は広い。将来をイメージできない若い人は、どんな小さなことでも興味がある世界に飛び込み、実際にエキスパートから話を聞いたり、自分の目で見たりすることが大切。自分が積み上げてきたものは必ず何かにつながるはずなので、素直な感情や知的好奇心、使命感に従って自分だけの目標とそれに向かうキャリアを登ってほしい。

  ■ごとう・とおる 父の死で医療の道を志す。現在、京都大学肝胆膵移植外科大学院からトロント大学に留学し、トロント総合病院シニアリサーチフェロー。今冬には「医師として〝王道で勝つ〟ためのルール  医学生、研修医が本気になったらどこまでできるか」(仮題、日本医事新報社)を発売予定。Twitter IDは「@multitransplant」(了)





医学生のフィールド