治療・予防

女性の心身不快症状
月経前症候群(PMS)

 ◇我慢せず受診を

 PMSと同じく、月経に伴って起こる不調に月経困難症があるが、これは月経開始後に不調のピークを迎え、下腹部痛や腰痛などの身体症状が中心だ。また、近年はPMSより精神症状が強いものを月経前不快気分障害(PMDD)と診断するが、こちらは月経開始後に症状は軽快するが、特に精神症状がゼロにはならない点が特徴だという。

 PMSと診断が付けば、漢方薬や低用量ピル、ホルモン剤などで症状をコントロールすることもできる。また、月経前の数日は用事を詰め込まない、あらかじめ周囲の人にPMSのことを伝えておくなど、トラブルを回避する方法も探れる。

 「心身の不調をただ我慢するのではなく、その出方を把握することが大切です。日常生活に支障を来すようなら、婦人科を受診してください」と、池下院長はアドバイスしている。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会