一流に学ぶ 「美と健康」説くスポーツドクター―中村格子氏

(第10回)
クリニック開業で理想を追求
甘くなかった経営、次第に好転

 2014年4月14日、東京・代官山にスポーツクリニックがオープンした。リハビリスペースを広くとり、イベントが開けるスタジオも併設、中村格子氏のこれまでの経験を生かした理想のクリニックだ。3月末に退職して2週間で始まった開業医生活は、最初から順風満帆というわけにはいかなかった。

 中村格子氏。開業した「Dr.KAKUKO スポーツクリニック」で
 「開業してから胃に穴が開きそうな期間が3年くらい続きました。思ったより、ずっと大変で。だって経営なんてしたことがない。1~2年で貯金が底をつきました」と中村氏は振り返る。
 リハビリをしっかりやるにはスタッフが必要だ。当然、人件費がかさむ。院長が有名だからというだけで、うまくいくほどクリニックの経営は甘くなかった。「理想を追求してどんなに時間をかけて診察しても、心を込めて理学療法士がリハビリをしても、健康保険の点数が低過ぎて、薄利過ぎました」

 人件費以上に、人を使う気苦労が多かった。給与水準をどの程度にするのか、休みを取るスタッフのカバーをどうするか…。期待通りの仕事ができるスタッフも当初はなかなか集まらなかった。

 「おまけに若いスタッフ同士のつまらないけんかに付き合わされたりして、スタジオ内の空気が悪くなり、それが患者さんにも伝わってしまって。スタッフを食事に誘うと『業務ですか』と言われたり、『きょうはいいです』って断られちゃったり。もうジェネレーションギャップが大き過ぎて、昭和生まれには理解できませんでした」

 有名なスポーツ選手が患者で来ると、色めいた理学療法士が入れ込んでしまい、中村氏に無断で有休を取って海外遠征に付いて行ったり、悪質商法にはまったスタッフが知らない間にスタジオで患者を勧誘し、物を売りつけていたり…。「連続テレビ小説にできるくらい、いろんなことがありましたね」と中村氏。

  • 1
  • 2

一流に学ぶ 「「美と健康」説くスポーツドクター―中村格子氏」コラム一覧