「美と健康」説くスポーツドクター―中村格子氏|一流に学ぶ

  • 第2回以降の記事は会員限定です(無料)。ログインすると続きをお読みいただけます。

  • 2018/07/19 10:00

    (第2回)
    友人の入院をきっかけに
    横浜市大でスポーツドクター目指す

     中学生で将来の職業として医師を考えるようになった中村格子氏は、高校時代にはスポーツドクターを目指すと決めていた。中学時代の同級生がバスケットボールで膝の前十字靱帯(じんたい)を損傷し、入院先の病院にお見舞いに行った時のこと。 …

    (第2回)
友人の入院をきっかけに
横浜市大でスポーツドクター目指す
  • 2018/07/26 07:05

    (第3回)
    手術に明け暮れ、外来で疲弊
    予防の大切さに気付き、「原点」に

     「病院の外来業務は、まるで『業』だと思うくらい、やってもやっても終わらなくて。手術をするか、しないかを機械的に振り分けることくらいしかできないのが悩みでした」 診察時間内にすべての患者の診察を終えるためには、1人にかけられる時…

    (第3回)
手術に明け暮れ、外来で疲弊
予防の大切さに気付き、「原点」に
  • 2018/08/02 10:00

    (第4回)
    「子どもが欲しかった」
    9年間の結婚生活に終止符

     「私がずっと独身だと思っている人もいますし、誰かすてきな男性と結婚してるんだろうと思っている方もいますが、バツイチなんです。人並みにつらい経験もたくさんしてますよ」。中村格子氏は屈託のない笑顔で話す。結婚したのは33歳の時。相…

    (第4回)
「子どもが欲しかった」
9年間の結婚生活に終止符
  • 2018/08/09 10:35

    (第5回)
    日本代表チームのドクターに
    一流選手の日常に感動

     「結婚生活は残念な形で終わりましたけど、悪いことばかりではなかったんですよ」と中村格子氏は話す。 冬季スポーツが盛んな日光の市民病院に勤務し、夫の家族や横浜市立大学のスポーツドクターの大先輩にスケート関係者がいたという縁も重な…

    (第5回)
日本代表チームのドクターに
一流選手の日常に感動
  • 2018/08/16 10:37

    (第6回)
    一流選手とお年寄りの共通点
    予防して健康寿命を延ばす

     中村格子氏は30代から40代の初めにかけて、高齢者とトップアスリートを同時期に診てきた。一見、両極端に見える両者の体の痛みには共通点があるという。 「年を取ったから痛くなるのではなく、よく使うから傷むのです。運動選手は、体を非…

    (第6回)
一流選手とお年寄りの共通点
予防して健康寿命を延ばす
  • 2018/08/23 10:00

    (第7回)
    JOCの本部ドクターとして
    スポーツ選手の主治医に

     東京に戻った中村格子氏が就職先に選んだのは、国立スポーツ科学センター。スピードスケート日本代表チームのドクターの仕事が評価されての採用だった。ここでは日本オリンピック委員会(JOC)日本選手団の本部ドクターとして、あらゆる種目…

    (第7回)
JOCの本部ドクターとして
スポーツ選手の主治医に
  • 2018/08/30 11:01

    (第8回)
    「大人のラジオ体操」がブレーク
    震災支援で浮かんだアイデア

     スポーツドクターとしての中村格子氏の存在が全国的に知れ渡るきっかけとなったのは、2012年に出版した7冊目の著書「実はスゴイ! 大人のラジオ体操」だ。中村氏が体育大学の学生とともにデモンストレーションをするDVDが付録で付いて…

    (第8回)
「大人のラジオ体操」がブレーク
震災支援で浮かんだアイデア
  • 2018/09/06 10:00

    (第9回)
    世間からの注目に戸惑い
    一時は引きこもり状態に

     「大人のラジオ体操」は、瞬く間に全国でブームとなり、中村格子氏の下に全国各地から「体操指導に来てほしい」という依頼が殺到する。 「出版社の人と書店回りをしながら、テレビにもラジオにも出て、講演に行ったり、ラジオ体操のイベントに…

    (第9回)
世間からの注目に戸惑い
一時は引きこもり状態に
  • 2018/09/13 10:54

    (第10回)
    クリニック開業で理想を追求
    甘くなかった経営、次第に好転

     2014年4月14日、東京・代官山にスポーツクリニックがオープンした。リハビリスペースを広くとり、イベントが開けるスタジオも併設、中村格子氏のこれまでの経験を生かした理想のクリニックだ。3月末に退職して2週間で始まった開業医生…

    (第10回)
クリニック開業で理想を追求
甘くなかった経営、次第に好転
  • 2018/09/20 10:55

    (第11回)
    スタイル維持の努力欠かさず
    医師としての「説得力」意識

     「Dr.KAKUKO スポーツクリニック」には、中村格子氏の本や出演したテレビ番組を見た患者や、スポーツ選手、バレエダンサーらが次々にやって来る。 「国立スポーツ科学センターでは、一般の患者さんを診ることができなかったので、私…

    (第11回)
スタイル維持の努力欠かさず
医師としての「説得力」意識
  • 2018/09/27 10:00

    (第12回)
    セルフケアの方法広めたい
    尽きない「妄想」の果てに

     「自分の体は自分で治すという意識を持ってもらうことが大切」とスポーツドクターの中村格子氏は強調する。整形外科領域の不調は、クリニックに週1回通えば治るというわけではなく、セルフケアが重要な役割を持つ。 「クリニックでは、こうす…

    (第12回)
セルフケアの方法広めたい
尽きない「妄想」の果てに
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会