「医」の最前線

  • 第2回以降の記事は会員限定です(無料)。ログインすると続きをお読みいただけます。

  • 2019/03/01 06:05

    〔第2回〕「ピサの斜塔は倒れない」
    清掃員を含む全職員381人と面談

     熊本県八代市にある熊本総合病院は、赤字経営が続き、県内で「つぶれる病院ナンバーワン」とささやかれていた。医師が次々と辞め、病棟も一部閉鎖、前の病院長は急死した。火中の栗を拾うかのごとく、後任に担ぎ出されたのは、消化器外科医とし…

    〔第2回〕「ピサの斜塔は倒れない」
清掃員を含む全職員381人と面談
  • 2019/03/08 06:05

    〔第3回〕自分がかかりたい病院づくり
    まずは、あいさつを徹底

     つぶれる病院ナンバーワンとささやかれていた熊本総合病院の新院長に就任した島田信也氏は、どうしたら病院を立て直すことができるのかを模索していた。まずは清掃員も含めた381人の職員全員と面談し、一人ひとりの思いに耳を傾けた。同時に…

    〔第3回〕自分がかかりたい病院づくり
まずは、あいさつを徹底
  • 2019/03/15 06:05

    〔第4回〕「プライドを持てる街」に
    新病院建設にかけた願い

     かつて熊本でつぶれる病院ナンバーワンとささやかれていた熊本総合病院は、築50年をゆうに超え、建物自体が限界に来ていた。島田信也氏が院長に就任すると、圧倒的なリーダーシップで病院経営は黒字化。1年半で7億円の累積赤字は解消された…

    〔第4回〕「プライドを持てる街」に
新病院建設にかけた願い
  • 2019/03/22 06:30

    〔第5回〕アメリカ留学で街づくりに関心
    再建の立役者、島田信也病院長

     熊本県八代市にある熊本総合病院は、かつて熊本県内のつぶれる病院ナンバーワンとささやかれていた。前病院長は就任からわずか4カ月で急死。病院長の後継者になるのは、火中の栗を拾いにいくようなものだと誰もが思った。しかし、2006年に…

    〔第5回〕アメリカ留学で街づくりに関心
再建の立役者、島田信也病院長
  • 2019/03/29 06:05

    〔第6回〕「医療だけでは、もう古い」
    病院が街づくりに貢献

     JR熊本駅から新幹線で1駅の新八代駅からタクシーを10分余り走らせると、ひときわ背の高い重厚な建物が見えてくる。「あの大きい建物が、熊本総合病院ですよ」と運転手は、どこか誇らしげだ。13年前、島田信也氏が新病院長として初めてこ…

    〔第6回〕「医療だけでは、もう古い」
病院が街づくりに貢献
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会