加藤善史 医師 (かとうよしふみ)

善ファミリークリニック

神奈川県小田原市中曽根72-1 パシオス小田原店1F

  • 小児科、小児外科、一般内科、外科
  • 院長

小児科 小児外科 内科

専門

小児科、小児外科、泌尿生殖器疾患など

加藤善史

加藤善史医師は、国内で250人程度しかいない「小児外科指導医」の資格を持ち、子供の風邪・胃腸炎・便秘などの内科疾患及び、切り傷、やけどなどの外科疾患はもちろん、夜尿や包茎(男子)など泌尿生殖器分野でも専門的な医療を提供している。手術を要するケースにも、小児外科医としての豊富な経験が早期診断に役立つ。並行して、成人や高齢者の内科・外科・肛門科等の疾病にも対応。2011年に開業した同クリニック院長として、子どもから大人まで地域に愛されるホームドクターを目指す。

診療内容

2011年に同クリニックを開業し、順天堂大学で培った質の高い医療技術や細やかなサービスを提供しながら、地域貢献を果たす。一般的な小児科・内科・外科の疾患だけでなく、小児の便秘や包茎(男子)・停留精巣のような泌尿生殖器疾患など専門的な診療も行っている。同クリニックでの対応が困難な場合は、高次機能病院との連携や紹介などで迅速に対応。
加藤医師は「子供は大人のミニチュアではありません(同クリニックHPより)」と語るように、小児の体は繊細なだけでなく、発育の途中にあり、機能も未熟である。当然、あらゆる部分で大人とは異なり、薬の使い方・点滴の方法など小児特有の治療が必要となる。さらに精神・心理的にも発育途上であるため、小さな病気でも細心の注意を要する。安心を与えられるよう、寄添い、支えることも求められる。
加藤医師は小児外科に携わってきた名医として、こういった様々な点をカバーしながら、技術的にも小児の術後の痛み軽減に努めたり、早期回復に配慮した低侵襲手術を行ったりと、最先端外科医療の実現に努めて来た。これらの豊富な経験を日常診療にも活かしている。
同クリニック内はオールバリアフリーにキッズルームを完備。仕事を持つお母さんのために日曜日の午前中にも診療枠を設けるなど、様々な配慮が施されている。

医師プロフィール

1984年3月 神奈川県立小田原高等学校 卒業
1984年4月 順天堂大学医学部入学
1990年3月 順天堂大学医学部卒業
1990年5月 医師国家試験合格
1990年6月 順天堂大学医学部付属順天堂医院 外科 臨床研修医
1992年4月 順天堂大学医学部小児外科学講座 大学院入学
1995年7月 米国留学 Childrens National Medical Center, Washington, D.C. 及びduPont Hospital for Children, Wilmington, DE
1998年1月 順天堂大学医学部小児外科学講座 助手
1998年4月 兵庫県立こども病院外科 研修医
2000年4月 順天堂大学医学部小児外科学講座 助手
2000年11月 順天堂大学医学部小児外科学講座 講師
2007年4月 順天堂大学医学部小児外科学講座 准教授
2011年4月 順天堂大学医学部小児外科学講座 非常勤講師
2011年12月 善ファミリークリニック開院