小林弘幸 医師 (こばやしひろゆき)

順天堂大学医学部附属順天堂医院

東京都文京区本郷3-1-3

  • 総合診療科、救急プライマリーケアセンター
  • 病院管理学研究室教授/総合診療科研究室教授

総合診療科 救急医療科 内科

専門

小児外科学、肝胆道疾患、便秘、Hirschsprung's病、泌尿生殖器疾患、外科免疫学、スポーツ医学、医療訴訟

小林弘幸

ロンドン大学付属英国王立小児病院など、世界的に有名な小児外科病院で、数多くの症例や外科手術を経験。順天堂大学に日本初の便秘外来を開設し、これまで1万人以上もの便秘患者を診察している。他の大学病院からも診断を依頼され、国際的な学会でも指導的立場で活動を行っている。自律神経研究の第一人者でもあり、自律神経のバランスを意識的にコントロールすることで、心身のパワーを最大限発揮できると主張。数多くのトップアスリートのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわっている。

診療を受けるには

救急プライマリーケアセンター受付にて受診予約の上、紹介状持参。便秘外来の予約は6カ月待ち。

医師プロフィール

1987年3月 順天堂大学医学部 卒業
1988年4月 順天堂大学大学院医学研究科入学(小児外科)
1987年6月 順天堂大学附属順天堂医院外科 研修医
1989年5月 順天堂大学大学院医学研究科 大学院生
1991年7月 ロンドン大学付属英国王立小児病院外科 研修医
The hospitals for sick children Great Ormond Street ,London-senior house officer(臨床研修)
1992年2月 トリニテイ大学附属小児研究センター 研究員
Children Research Centre Our Lady's hospital for sick children Dublin, Ireland-senior research fellow
1992年3月 順天堂大学大学院医学研究科卒業
1994年1月 アイルランド国立小児病院外科 研修医
National Children's Hospital Harcourt Street, Dublin, Ireland-surgical registrar(臨床研修)
1995年1月 順天堂大学医学部小児外科学 助手
1996年4月 順天堂大学医学部小児外科学 臨床講師
1999年4月 順天堂大学医学部小児外科学 講座講師
2003年1月 順天堂大学附属順天堂医院医療安全対策室 副室長
同年4月 順天堂大学附属順天堂医院 医療安全管理者
同年7月 順天堂大学医学部小児外科学 助教授
2006年11月 順天堂大学医学部病院管理学研究室 教授
同年11月 順天堂大学医学部病院総合診療科研究室 教授
現在に至る

所属学会

【所属学会】英国小児外科学会(評議員) 、日本小児外科学会(評議員、庶務委員、機関誌委員、 Pediatric Surgery International Publication Committee委員) 、専門医認定制協議会(広報幹事) 、日本外科学会(邦文誌編集幹事) 、日本救急医学会関東地方会(幹事) 、外科クリニカルビデオフォーラム(幹事) 、日本小児泌尿器科学会(評議員) 、日本小児放射線学会(編集幹事) 、日本小腸移植研究会(幹事) 、日本臨床外科学会 、日本周産期新生児医学会 、日本内視鏡外科学会 、日本救急医学会 、日本内視鏡学会
【資格】日本医師会認定産業医 、日本医師会認定健康スポーツ医 、日本体育協会公認スポーツドクター 、日本小児外科学会認定医 、日本外科学会認定医 、日本小児外科学会専門医 、日本小児外科学会指導医 、日本外科学会専門医

主な著書

『(029)自律神経を変える「たった1ミリ」の極意』(2014年4月ポプラ新書 こ 2-1)
『「怒らない体」のつくり方――自律神経を整えるイライラ解消プログラム』(2014年3月 祥伝社)
『うまくいく人は、なぜ「自律神経」を意識しているのか? 体幹を鍛え、「軸」をつくりだす「1日30秒」セル・エクササイズ』(2014年2月イースト・プレス)
『自律神経を整える「あきらめる」健康法 (角川oneテーマ21)』(2013年8月 角川書店)
『その神経(バランス)じゃ調子わるくもなりますよ』(2013年8月 青春出版社)
『超一流の人の「健康」の極意(一般書)』(2013年2月ポプラ社)
『自律神経を整える。ストレスに勝つ! (「これ」だけ聴けば副交感神経が3分でアップする!)』(2013年2月 世界文化社)
『腸が健康になれば面白いほど人生がうまくいく読む便秘外来』(2013年1月 集英社)
『「これ」だけ意識すればきれいになる。』(2012年3月 幻冬舎)
『みだれない生き方─意識するだけで結果に愛される27のヒント』(2012年 東洋経済新聞社)
『ゆっくり生きれば、遠くまでいける~副交感神経で「最高の人生」を手に入れる』(2012年 大和書房)
『便秘・ダイエット・不眠・ストレスに効く! ! セル・エクササイズ (学研ヒットムック)』(2012年 学研マーケディング)
『なぜ、「これ」は健康にいいのか』(2011年サンマーク出版)
『便活ダイエット』(2011年ワニブックス)
ほか多数
(更新日:2014年5月20日)