平田雅彦 医師 (ひらたまさひこ)

平田肛門科医院

東京都港区南青山5-15-1

  • 肛門科
  • 院長

肛門科 消化器科

専門

大腸肛門病、便秘、痔

平田雅彦

ドクター・ヒップスとして知られる、日本を代表する肛門科医。2006年TBSテレビ「世界のスーパードクター」で取り上げられ、2011 年週刊朝日MOOK「名医の最新治療」で肛門科で唯一選ばれた。「痔は切らずに(手術せずに)治す」を目標に掲げる痔疾患の専門医である。内痔核の手術率は12%と欧米に比べても遜色ない低さである。痔の保存療法の権威で著書や論文も多い。痔を悪化させる要因である便秘の治療にも定評がある。初診に30分をかけ、大腸内視鏡検査を実施。その後食事指導、ビフィズス生菌の投与、排便イメージトレーニングなどを行い、80%以上の患者の便秘症状を改善している。診療は完全予約制。呼び出しは整理番号、気兼ねなく相談できる遮音を考慮した診察室と、隅々まで配慮が行き届いている。

医師プロフィール

1981年3月 筑波大学医学専門学群 卒業
1982年4月 慶應義塾大学医学部外科学教室入局
1985年4月 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター
1987年3月 平田肛門科医院 院長
(更新日:2014年5月20日)