宮崎道彦 医師 (みやざきみちひこ)

道仁病院

大阪府寝屋川市仁和寺町31-1

  • 大腸・肛門外科、消化器外科
  • 院長

消化器科 肛門科

専門

排便障害(便秘)、大腸・肛門疾患

宮崎道彦

宮崎道彦医師は「肛門・便秘専門外来」を掲げ、専門医として地域に密着した厚いサポートをベースに展開。「いかなる肛門疾患に関しても根拠のある適切な治療を提供します」(肛門疾患診療ガイドライン2019)とし、あらゆる大腸・肛門疾患に対し多角的なアプローチで患者を導く。その傍ら、国立病院機構大阪医療センター・便秘外来の非常勤医師を兼任。通常の施設では対応困難な症例に対しても辣腕を振るう。10年間で4,000例以上の手術を行ってきた豊富な経験を誇る一方、保存的な内服治療にも定評があるスペシャリスト。

医師プロフィール

1965年 大阪府生まれ
1990年 関西医科大学を卒業後、大阪大学消化器外科(旧第二外科)へ入局
1990年 国立大阪病院(現国立大阪医療センター)外科
1993年 市立川西病院外科
1994年 国立大阪病院(現国立大阪医療センター)麻酔科
1995年 大阪大学消化器外科(旧第二外科)
1999年 九州・福岡高野病院(大腸肛門病専門病院)外科
2003年 洛和会音羽病院 大腸肛門科 副部長
2005年 国立大阪医療センター 外科(大腸肛門疾患担当)
2008年 医療法人道仁会 道仁病院 院長
(更新日:2019年5月9日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会