小林暁子 医師 (こばやしあきこ)

小林メディカルクリニック東京

東京都港区赤坂2-3-5 赤坂スターゲートプラザ2F

  • 便秘外来
  • 院長

総合診療科 婦人科 消化器科

専門

消化機能不全、便秘症、内科的アンチエイジング治療、予防医学、一般皮膚科、美容皮膚科、一般内科

小林暁子

開業前は、順天堂大学病院の総合診療科医として各専門医との連携のもとあらゆる患者の治療方針を立てて治療を開始し、女性外来の開設にも立ち合ってきた小林医師。「バランスのとれた健康的な心と身体を目指した、身体に負担の少ない医療」を理念とする。最新医療を積極的に導入する、西洋医学だけに頼らず健康保険の使える漢方療法を取り入れる、伝統医学等の知識を応用して生活指導にあたるなど「体質改善により疾患に罹らない身体づくり」「予防医学的生活指導を中心とした診察」を目指す。

診療内容

初診時の流れとしては、まずカウンセリングを行った後、診察・超音波検査のほか必要であれば血液検査などの「便秘検査」を行う。それらの結果を総合し、便秘のタイプを診断。「患者様一人ひとりに合ったお薬と水溶性の食物繊維のサプリメントを処方し食事と運動の指導を行います」と小林医師は言う。
次回の診察は1か月ほど経過を見た後に行う。その際の診察と検査により今後のお薬の服用方法など、治療方針を決めていく。診察結果により、お薬やサプリメントを継続する場合があるが、それによって腸内細菌を正常化し、徐々に善玉菌が増えてくる。ある一定量まで善玉菌が増えると効果を実感できるようになるため、すぐに効果が実感できないからといって途中でやめないようにしたい。
同時に、食事をはじめとする生活習慣を改善する指導(下記『予防としてこころがけたいこと』参照)も行い、便秘の根本改善を目指す。なお、同クリニックで非常勤医師を務める小林弘幸医師は、小林暁子医師の夫であり、順天堂大学医学部教授。大学病院では予約制の便秘専門外来を受けもつほか、アメリカやイギリスの学会でも指導的立場で活動する権威である。小林クリニックで検査を行い、さらに精密な検査が必要な場合などでも、順天堂大学やその他の連携病院でフォローするシステムが整っているため、より安心感をもって診察を受けられる。

医師プロフィール

1996年3月 順天堂大学医学部 卒業
順天堂大学総合診療科外来担当医、順天堂大学女性専門外来担当医兼任
2005年 小林メディカルクリニック新宿御苑開設
2012年1月 2度目の移転に伴い医療法人社団順幸会 小林メディカルクリニック東京開院