花岡一雄 医師 (はなおかかずお)

JR東京総合病院

東京都渋谷区代々木2-1-3

  • 麻酔科・痛みセンター
  • 名誉院長

麻酔科 神経内科 ペインクリニック科

専門

痛みの治療、慢性疼痛

花岡一雄

花岡一雄医師は、痛み治療の先駆者として、国内でおよそ2,000万人といわれる慢性疼痛患者の治療の最前線に立つ。独自に開発した薬剤を用いた治療や「硬膜外腔鏡」と呼ばれる内視鏡を用いた治療など、先進の医療を実践してわが国のペインクリニック界をリードしている。2010年には、慢性疼痛に関する情報を受発信する「ペイン情報センター」を設立。代表世話人として、機関紙や患者向け小冊子の発刊、講演やセミナーの開催、調査の実施など、幅広い広報・啓発活動にも取り組んでいる。

医師プロフィール

1971年3月 東京大学医学部 卒業
1974年1月 米国エール大学麻酔科レジデント・ポストドクトラルフェロー
1991年4月 東京大学医学部麻酔学教授
2001年1月 東邦大学客員教授
2005年4月 JR東京総合病院院長
2005年4月 東京大学客員教授
2006年4月 千葉大学臨床教授
2006年6月 東京大学名誉教授
(更新日:2017年3月7日)